行動を継続できないを行動しないと気持ち悪い状態にさせる方法

重い腰を上げ勇気を出して、一歩進んだものの、三日坊主で辞めてしまうってことないですか?

その理由は前回お話ししたホメオスタシスが関係していて、あなたも過去の私も決して怠け者などではなく、ごく一般的な人間であることを説明しました。

さて、今回は人間の最強のスキルであるホメオスタシスを完全に味方につけて、新しいこと、行動に移すのが億劫なこと、行動を継続できないなどの心理に打ち勝つノウハウを紹介します。

子供がなかなか行動をし始めない、継続できないっていう、日ごろよくある課題も、解決していくことができますの是非最後までご覧になってくださいね。

ホメオスタシスに支配されると人間に成長はない?

人間ってほかの動物とは違って、生きていくことに必死か?と言われるとそういうわけではありません。

ただ子育てをするだけでなく、子供をよりよく成長させようと習い事をさせたり、いい学校、いい就職場所に入れたくて、ぺこぺこしたり、生きることは日本人である以上、ごく普通の事になってます。

しかし、あくまでも動物であり、ある一定の欲求が満たされると、そこで満足してしまいます。

満足した状態って、とても快の状態で、人によってはそれ以上の向上は望まず、そして、それ以上のステージに気づかなくても生きていくことができるんです。

あくまでも、人もその他の動物と一緒なんですよね。

生き物にそなわっているホメオスタシスはあくまでも生きるためのものであり、人間らしさ、人間の楽しみである、自分の成長には全くと言っていいほど、邪魔なものになりうるのです。

生きるための快を満たすことができていた生活を大きく乱すなんて、ホメオスタシスとは全く反対の作業。

だから、ホメオスタシスに支配されると、あなたに成長はないんです。

ホメオスタシスをコントロールして成長に寄与する行動をする方法

私は実は成長しないってのも一つの満足できる行き方だとは思っています。

でも「成長」の体験を一度してしまうと、このままじゃ死ねないって感じで満たされてしまいます。

私の場合、特に「死」意識しはじめる30代前半から感じるようになりました。これが人生の岐路。

経営セミナーを受講しているときに先生が生徒のみんなに注意喚起していました。

人は変化が起き始めると辞めちゃう

辞めないためにセミナーで正しい知識をもとに自分が考えたことを書き込んだノートを見る

未来が見え、やる理由が書いてあるノートを見るといい

これって、よくとらえられてて、ホメオスタシスをコントロールするノウハウの一つなんですよね。

実際に未来が見えることで、ホメオスタシスに打ち勝つ行動ができるんです。

子供の場合、「死」は怖いものではありますが、死なないように成長していこうなんて考えているわけありません。楽しいことが身近にあってやりたいから行動できるって感じです。

それと、「死」よりも「なったら嫌なこと」を具体的に想像させると、そうならないために対策を続けようという思考になりやすいので、それをうまく活用し、正の活動が続くホメオスタシスを構築していくとよいですね。

行動を継続するためには自分にあったオーダーメイドのホメオスタシスを味方につける仕組みが必要

ただ、上記の事だけではうまくいかない人も多く、実際私もその一人。

ノートさえどこにあるのか忘れちゃう、ノートがあっても見返すことはしない。つまり、セミナーの先生が提案したレベルは、その当時の私には、行動のとっかかりの敷居が高くて継続することができない状態だったんです。

典型的なホメオスタシスに支配されている状態。じゃあどうすればいいのか?

どの段階で、思考が詰まっている?行動が詰まっている?のかを、明確にして、その段階にあったステップを踏める仕組みを作れば解決できます。自分の場合は、自分の傾向を知って、ノートを見やすい環境に整えていく必要がありました。

仕組みは成果(結果の保証)とセットにすると効果を発揮します。

例えば、筋トレが続かないのであれば、確実に毎日することとセットにしましょう。私の場合は、歯磨きとスクワットをセットにしています。これが仕組みになります。

辞めないためにノートを見るには、今日の予定が書いてあるところに、やる理由をいつでも見えるようにしておく。ノートそのものに、スケジュールを書き込んでいく。人それぞれ、行動開始できない理由があって、その人の詰まっている部分を解決して仕組化をすれば誰でも実行できるようになります。

そう、ホメオスタシスの悪いところを、ホメオスタシスのいいところを使ってあなたの「普通」を書き換えていく。そして、行動しないと気持ち悪い状態を、正のホメオスタシスを構築し、それができないときは気持ち悪いと認識させると、行動しないと気持ち悪いが完成します。

普通を書き換えるには習慣化が必要です。行動できる仕組みを習慣化するといいですね。

すでに習慣になっていて変化が嫌なものと、行動開始のきっかけになる活動をセットにしちゃいましょう。

行動を継続できないを行動しないと気持ち悪い状態にさせる方法

  1. 行動できない、継続できないに至る自分の詰まった思考を明らかにする
  2. 詰まったことが解決できるあなただけのオーダーメードの仕組みをつくる
  3. 仕組みを習慣化させる仕組みを作って正のホメオスタシスを構築する

以上を実践することで、必ず行動しないと気持ち悪い状態になります。

ちなみに経営セミナーで言っていた「見返すノート」の内容って、今日は説明しなかった、目的、目標の設定が絶対に必要です。そういった基本的なスキルは絶対に誰でもつけていく必要があります。

ちなみに私に色々気づかせてくれる、たった1日で、経営の基礎~応用、起業、自己啓発、自己コントロールの方法などを知ることができる、無料セミナーを以下に貼ってますので、興味のある方はご参照ください。

無料セミナー

見たら私のようにダブルワークをしないといけないわけではありません。知ってほしいのは、よい経営者はよい家庭を経営できるってことと、経営の勉強や自己啓発のために、お金使わなくてもいいよ、ってことです。

育児ストレスが減って、家族のハッピーが何倍にもなっちゃう、よい環境を作れちゃう子育ての経営者になりませんか?

当ブログ内から、登録いただくと、私の方からそのセミナーの内容を効率よく習得できるレポートを、その他私のコンテンツを全部上げるプレゼントを期間限定で行っています。以下より「セミナー登録しました」とご一報いただければと思います。

お問い合わせ

行動を継続できない
SNSで最新情報をお知らせします!相談もOK