キレやすい性格を簡単になおして本当のじぶんを取り戻す方法【客観視】

はじめまして、気合いや根性ではなく仕組みで努力を実らせるライフクリエーターの、オガワレイです。
【期間限定】LINE友だち追加でたくさんのコンテンツをプレゼント中です。

家庭を持ってから、子供が生まれてから、仕事が忙しくなってから、何だか常にイライラしていて、時には昔のじぶんからは想像ができないほどの大声で怒ったり、汚い言葉を使ったり、してませんか?

言わない方がいい事を言ってしまった後って、なんだかすごくつらいですよね。

昔はこんなに大きな声で起こらなかったのに、あの頃の自分はどこに行ってしまったのかな?笑ってばかりいた時って、どんな気分だったかも思い出せないや・・・。

自分の場合は、子供が生まれ、自分が急に親になったことで、どんどんキレやすい性格になっていきました。本当に自己嫌悪になるし、ずーっと、本当の自分、笑顔であふれていたころに戻りたいと、よく思ってました。

アンガーマネジメントの本を読んだり、心理学の本を読んだりして勉強をしましたが、知識だけあっても実行できずさらに自己嫌悪になってしまう、ってな状況でした。

今回はそこから抜け出した、キレやすい性格を直して誰でも本当の自分を取り戻す方法を紹介します。

客観視を使って脳の興奮を抑え自分の感情をコントロールしましょう!

キレやすい性格を直して、心穏やかで、にこにこした笑顔あふれる生活を送りたい。

そんな時は、

  • できればキレたとき
  • 難しければ気持ちが落ち着いてきたとき

鏡で顔を見る習慣をつけましょう。習慣をつけることがかなり重要ですし、リバウンドしない一番簡単な方法です。

高ぶった感情は感情でコントロールできませんが、自分の表情を客観的にみることで、すぐに冷静になることができます。

怒りの仕組みを知れば、自己嫌悪になることを減らせば、さらに自分の感情をコントロールできる

ついカッとなって、大きな声を出したり、怒鳴ったりすると、さらに怒りが増すことってとってありませんか?

生き抜くために、脳内神経物質のノルアドレナリンが作用して、頭をフル回転させることができる状態になるため、仕方のない現象です。

つまり、人間たるもの仕方のない現象であり、それは本来の性格ではなく、人間の正常な仕組みです。でも、今の時代、ファイター以外、怒りが怒りで倍増してしまうのって、不必要だし、ろくなことないので、どうにかしたいですよね。

私が言いたいのは、どんどん怒りは怒りで増していくので、早い段階で、頭をクールダウンさせ、冷静になる状況を作って欲しいということと。

さらに冷静さを取り戻せる状況で、自己嫌悪になってしまっては、冷静さも取り戻せないし、次につながる行動はできないので、自分を見失ってしまった怒り状態は、人間の正常な仕様であって、性格とは異なる性質であり、自己嫌悪になっても何も解決しないことを知ってほしいんです。

自分を責めるより、次、感情が高ぶった時にどう攻めて自分の感情を攻略していくかを、冷静に考えることで、感情はどんどんコントロールされていき、本来の自分を取り戻すことができるようになります。

キレやすい性格になった方法でキレにくい性格、本来の自分を取り戻すことができる

生まれたときから、キレやすい人はいません。

どうしてキレやすくなっちゃったのかな、本当の自分に戻りたいな・・・大丈夫です。

現状キレやすい性格になってしまっている多くの原因は、おかれてきた環境であり、今までの悪習で身につけてしまったものによるものがほとんど。

さらにノルアドレナリンが作用してくれる人間の使用により、怒りは増幅、頻発しやすくなるので、キレるスキルを身につけやすい状況なのです。

安心してください、怒りを鎮める習慣と怒りにくい環境を作ることで、本来の性格を取り戻すことは、誰でもできるんですよ。

よい習慣から作ろうとすると失敗するので、習慣を作るために必要な行動が起こせる、行動を簡単に実行できる環境づくりを一番最初にすることをお勧めします。

【おまけ】キレている相手を冷静にさせるためにどう客観視させたらいいか?

鏡を見るだけで冷静さを取り戻すことは、自分にも相手にも有効な手段です。でも、自分はともかくキレている相手にどう鏡を見せるかが難しいところですよね。

まずは先ほども伝えたように、環境づくりが大切です。口論になりやすい場所に大きめの鏡を置いたり、口論となるときの相手の目線に、鏡や窓ガラス、テレビの画面が入るようにしましょう。

相手に謝罪したいときは、事前にキレられることが予想されるので、初めから相手の目線に鏡が入るようにしておけばよいです。

もう一つ大切なことがあります。相手を変えるにはまず自分からということと、相手を変えようと焦ってはいけない、やることを強制しないようにしましょう。相手を変えようとあれこれ指摘すると、地獄しか待っていません。

相手もキレやすい、怒りやすい性格は、本当は直したいのですが、今ここまで読んでくださっているあなたとは違って、今をどうにかしたいことに、気づいていない可能性が高いです。そんな状態で「あなたも○○した方がいい」なんて伝えると、脳内ノルアドレナリンがドクドク出ちゃいます(あっ、ドクドクはでません)

まずは勝手に興味を持ってくれちゃう、放っておいても興味を持ってもらえる環境づくりを工夫しましょう!

環境づくりとしては嘘でも本当でも「キレやすい自分をどうにかしたい」と、お互い穏やかなときに、自分から相手に伝え、鏡付近に、鏡を見て心を落ち着かせるときに合わせてやるリストを置かせてもらう、といいです。

あなたがやっている姿こそ光るものはありません。高い壁は登れません、高い壁のいろんな場所にはしごをかけて、怒りを攻略しやすくする環境を作ると、習慣化しやすくなります。

オガワレイ
仕組みを知って、今の自分を変えずに活かして、やりたい事を実現させていこう!

↓↓↓
SNSで共感できる人と繋がりたい(^^)/
仲間募集中!
キレやすい キレにくい 本当の自分 客観視 アンガーマネジメント
SNSで最新情報をお知らせします!相談もOK